Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

清津川・釜川右俣~ヤド沢 

山 域:上信越国境山群
ルート:清津川・釜川右俣~ヤド沢
日 程:2008年7月19日(土)夜出発、20日(日)~21日(月)
メンバー:斎藤、他3名



心配された台風の進路がそれ、予報が好転したため、積年の宿題となっていた釜川に向かう。
出発は7月19日夜、最近新装された田沢の駅で仮眠の後に入谷点へ。
金曜日の夜半に20mm以上の降雨があり、増水が懸念されたが問題なし。
二股までの巨石帯で一汗かいてアップを済ませ、出合から皆で快調に泳ぐ。
この沢は釜や瀞が連続し、泳ぎの場面が多い。
トイ状の瀞を越えるとスラブの開けた空間となり、“三ッ釜”と呼ばれる大滝(ヤド沢出合)となる。
三ッ釜上で左に本流を分けてヤド沢に入ると、渓相は一転し大滝の連続となる。
ほとんどの滝が登れ、ダイナミックな沢登りを楽しむ。
しかし滝が大きいために40mロープでは4人の登攀に長さが足りず、色々な対処をコーチしながら進むため、結構時間を取られてしまう。
15時過ぎから雨が降り出し、16時には核心部を抜け安全圏の河原に着いたが、ビバーク適地がなく、林道まで詰め上ってそこ幕営とする(18時)。
仲間たちが濡れた薪にもかかわらず、盛大な焚き火をおこしてくれる。
やがて天気も回復し、満天の星の下で酒を楽しむ。
翌日は快晴の林道をゲートまで80分ほど歩きいて下山する。
釜川~ヤド沢は、泳ぎ・登攀と課題が盛り沢山の良い沢だった。
しかし虫対策にはさらなる熟考が必要。
顔面が腫れ上がるくらいに、虫に刺されまくってしまった。

釜川右俣~ヤド沢・その1
30m滝。右から登る。

釜川右俣~ヤド沢・その2
三ッ釜の滝。

釜川右俣~ヤド沢・その3
25m滝。

釜川右俣~ヤド沢・その4
チョックストーンの滝。



斎藤
 
スポンサーサイト
2008/07/21 23:00|山行報告TB:0CM:0

敷島さんより 

いろいろとお世話になっている、㈱地平線・敷島悦郎さん(風来坊)からのご案内です。

1.NHKのBSハイビジョンで、『清涼紀行・にっぽんの沢を登る』
  が放映。

 (平成19年8月に放送したシリーズを、再構成した89分の特集番組)
  とりあげられている沢は、
   谷川連峰・湯檜曽川(群馬県)
   西表島・浦内川(沖縄県)
   飯豊連峰・七滝沢(新潟県)
   森吉山・連瀬沢(秋田県)
  の4本。
  このうちの「西表島・浦内川」が、敷島さんが取材された沢です。
  ●放映予定
   1回目=7/20(日)19:00-20:30 NHK BSハイビジョン
   2回目再放送=7/28(月)14:00-15:30 NHK BSハイビジョン
   3回目再放送=8/24(日)14:30-16:00 NHK BS2
  BSハイビジョンを観ることができる人は、ぜひご覧になってみてください。

2.5月にロープワークについての本を発刊。

こんなに楽しいロープワーク

  出版はJTBパブリッシング、定価は950円です。

3.5月中旬から下旬にかけて行った、川からのニューカレドニア島
  横断の探検行が雑誌『探険倶楽部AGAIN』に掲載。

  出版は山と渓谷社、定価は1200円です。
  なお、ニューカレドニアのトレッキングツアーを11月に予定されている
  そうです。

敷島さん、相変わらず活発に活動されているようですね。
これからも頑張ってください!
木元
 
2008/07/16 12:00|お知らせTB:0CM:0

ネパール・トレッキングピークの登り方 

東京都山岳連盟・海外委員会より、7月17日に開催される海外登山研究会のお知らせです。

第19回海外の山を知ろう!

興味のある方は参加してみてください。
会場は池袋勤労福祉会館(←詳細はこちらをクリック)です。
木元
 
2008/07/03 06:00|お知らせTB:0CM:0

入会のご案内 

Climbing Club ZOO(クライミングクラブズー)は、1993年に発足したクライミングを主体とした山の会です。
会員数は少ないですが、新しく入る仲間とともに楽しく活動し、より充実した会にしていきたいと思っています。
                           Climbing Club ZOO代表 安村 淳

1. Climbing Club ZOOの概要
1993年12月発足、東京都山岳連盟加盟、会員数14名
国内/海外のアルパインクライミングとフリークライミングを行っている、自由な同人制のクラブです。
普通の山岳会のように、あれをやってはいけないとか、こうやらなくてはいけない、という制約はありません。
現在はアルパインクライミングを中心に活動するメンバーが多いですが、フリークライミングや岩稜の縦走からヒマラヤまで、色々な山登りに取り組んでいます。
自分の夢に挑戦する、自分の夢を実現するクラブです。

2. 入会の条件
健康で意欲のある方なら、年齢・性別・経験は問いません。
なるべく月一回の集会に出られる方を希望します。
また事故に備えて、山岳保険(山岳共済金)への加入をお願いしています。
(例:都岳連共済金年間6000円程度~、その他の保険でも可)

3. Climbing Club ZOOの活動  
 集会―毎月1回・第1火曜日・20:00~
      (月によって変更になる場合があります)
      場所:cafeMiyama新宿南口店(JR新宿駅南口より徒歩3分ほど)
 総会―年1回(3月)
 山行―会としての定例山行は行なっておらず、個人山行が主です。
      集会で個々の予定を出し合い、調整しています。
      合宿と称して行う山行もありませんが、
      連休などを利用してメンバーが集まることもあります。
 会報―C.C.ZOOニュースを月1回発行。

4. 技術指導
自分のやりたいクライミングを行う自由な同人組織ですが、初心者、未経験者の方には最低限の技術・知識の習得等指導いたします。

5. 会費  
入会金1,000円・年会費6,000円

6. お問い合わせ/お申し込み
メールにて「FZG01637#nifty.ne.jp」まご連絡ください。
折り返し事務局よりご連絡いたします。
(スパム対策により、アドレスの"#"を小文字@に置き換えてお送りください) 
2008/07/01 01:00|入会のごあんないTB:0CM:0

Climbing Club ZOOについて 

Climbing Club ZOO(クライミングクラブズー)はクライミングを主体にした活動を目的として、1993年に発足しました。
(東京都岳連盟に加盟)
動物に似ているメンバーが多かったため、「ZOO」と名付けました。
現在の会員数は10名ほどの小さな山岳会ですが、普段の活動は個々が自主的に行っており、自由な形で自分に合った山行をしています。
他会との掛け持ちも問いませんが、最低限のルールとして、山岳保険の加入と入下山の報告を守るようにしています。

【年間を通しての主な活動】
・近郊の岩場(広沢寺、奥多摩、小川山、湯河原幕岩など)でのクライミング
・谷川岳・一ノ倉沢や北アルプス方面でのアルパインクライミング
・沢登り
・アイスクライミング
・海外登山
・縦走やハイキング

会山行は行なっていないため個人山行が主となりますが、日程の合った会員同士や、会員外の知人などと連れ立って行くことが多いです。 
2008/07/01 00:00|C.C.ZooについてTB:0CM:1

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。