Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

谷川岳・オジカ沢 

山 域:上越
ルート:谷川岳・オジカ沢
日 程:2008年9月28日(日)
天 候:曇り
メンバー:斎藤、他2名



谷川周辺の数多く沢を登って来たが、日帰りで、これほど内容の濃い面白い沢は無かった。
オジカ沢・その1 オジカ沢・その2
(左)2段80m滝、(右)40m大滝
 

スポンサーサイト
2008/09/28 23:00|山行報告TB:0CM:0

一ノ倉沢・2ルンゼ~Aルンゼ 

山 域:上越
ルート:谷川岳一ノ倉沢・2ルンゼ~Aルンゼ
日 程:2008年9月23日(火)
天 候:曇り時々晴れ
メンバー:斎藤、他1名



3時起床、4時に一ノ倉出合出発。
雪渓の消えたこの時期は、ヒョングリの滝を高巻き、懸垂下降をしてテールリッジ基部からの登攀となる。
谷川初見のIさんも、ヘッドランプでの行動でも問題なく登ってくる。
(ここでロープを出すようだとルートは変更かな?)
中央稜基部で日の出を迎え、烏帽子奥壁基部~南稜~本谷バンドとトラバースし、2ルンゼ取り付きに立つ(悪い)。
2ルンゼ~Aルンゼ・その1
2ルンゼの全容
 

2008/09/23 23:00|山行報告TB:0CM:0

利根川本谷 

山 域:奥利根
ルート:利根川本谷
日 程:2008年9月13日(土)~15日(月)
メンバー:斎藤、他



動きの遅い台風に怪しい予報で気を揉むが、
万全のエスケープ対策を考え入渓する。
利根川本流・その1

 

2008/09/15 23:00|山行報告TB:0CM:0

水無川・セドノ沢右俣 

山 域:丹沢
ルート:水無川・セドノ沢右俣
日 程:2008年9月7日(日)、日帰り
メンバー:斎藤、他1名



林道終点の戸沢駐車場に車を止めると、沢装備に身を固めた俄か沢ノボラーがウジャウジャ(20人以上か?)おり圧倒される。
とても違和感を覚え、彼らの後に付いていくのは堪らず、追い越そうとして間違えて
戸沢に入ってしまったのはアップの為で…。

「オジカ沢のプレトレです!!」
とパートナーよりハッパを掛けられ、結構悪い滝も有ったのだが、入渓すぐの堰堤から登山道まで全ての滝を直登する。

セドノ沢右俣・その1
F1の登攀。

核心の大滝も問題なく2ピッチで登る。

セドノ沢右俣・その2
大滝の登攀(1ピッチ目)。

さすがに2ピッチ目はほとんど登られておらず、残置は全く信用できないが、高度感満点のトラバースが楽しめる。
大滝を登り切れば、さらにシャワーのチムニー滝が待っており楽しさ倍増、お勧め。
水無川はあまりの入渓者の多さのため渋滞かと思われたが、セドノ沢・右俣に来る者は少ないようで静かなトレーニングができた。



古い奴かとお思いでしょうが(高倉健)、昔は《丹沢から谷川へ》というのが山屋の王道だったのですが。
斎藤

 
2008/09/07 23:00|山行報告TB:0CM:0

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。