Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

仁寿峰・マンギョンボンデーリッジ 

10月25日から11月3日の間に行った、韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きです。
3本目のコードックウィキルリッジに続けて同じ日に登った、4本目となるマンギョンボンデーリッジの報告です。



4.マンギョンボンデーリッジ(5ピッチ)
概 要:北漢山(プカンサン)は、白雲台(837m)、仁寿峰(810m)、マンギョンボン(800m)の3つのピークで構成される。
このルートはマンギョンボンから西に派生するリッジで、ソウル市街の展望が良い。
クライミングというよりロックハイキングといった感じで、現地では大変人気がある北漢山第一の好展望ルート。
しかし我々がロープで確保して登っている脇を、地元登山者がノーロープですたすたと下りてきて驚かされたりもする、日韓の登山文化の差異を感じさせられるルートでもある。
日 程:2008年10月28日
メンバー:安村J/川井

マンギョンボンデーリッジ・その1
白雲台から見たマンギョンボンデーリッジ
 

2008/10/28 23:30|山行報告TB:0CM:0

仁寿峰・コードックウィキルリッジ 

10月25日から11月3日の間に行った、韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きです。
3本目に登ったルートである、コードックウィキルリッジの報告です。



3.仁寿峰・コードックウィキルリッジ (8ピッチ、5.7)
概 要:仁寿峰には登山道はない。
      登りは全てクライミングで、下りは懸垂下降となる。
      このリッジは仁寿峰に登る最もやさしいルートの1本として、現地でも人気のルート。
      東面フェースと仁寿リッジ(北稜)の間に位置し、耳岩の北側から落ちている小さなリッジだ。
日 程:2008年10月28日
メンバー:安村J/川井
アプローチ:白雲山荘からシュイナードBの取り付きに行き、さらに20mほど直進すると、岩にぶつかる。この岩を5~6m登って取り付く。
コードックウィキルリッジ・その1
ここが取り付き。
 

2008/10/28 23:00|山行報告TB:0CM:0

仁寿峰東面フェース・シュイナードB 

10月25日から11月3日の間に行った韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きで、2本目に登ったシュイナードBの報告です。


2.仁寿峰東面フェース・シュイナードB (6ピッチ)
概 要:耳岩の中央部から落ちているクラック。グレードも手ごろで、変化に富んだ好ルート。
アプローチ:白雲山荘のトイレの横から易しいガリーを下り、仁寿峰の南面から大スラブ末端を回り込んで少し登ると、シュイナードBの取り付きの下に出る。
シュイナードB・その1
アプローチの様子。大スラブを回り込むところ。
 

2008/10/27 00:00|山行報告TB:0CM:0

仁寿峰北面・仁寿リッジ 

10月25日から11月3日までの10日間、ZOOのメンバー4人+1人の合計5人で、韓国・仁寿峰(インスボン)へクライミングに行ってきました。
登ったルートは、
 1.仁寿リッジ
 2.シュイナードB
 3.コードックウィキルリッジ
 4.マンギョンボンデーリッジ
 5.スムンピックリッジ
 6.ヨンチョウボンリッジ
 7.ツィントンヨップキルリッジ

の7ルート。
まずは最初に登った“仁寿リッジ”について、詳細を報告します。




1.仁寿峰北面・仁寿リッジ (8ピッチ、5.9/A0)
概 要:仁寿峰は東面・南面・西面はフェースだが、北面は仁寿リッジという大きなリッジとなっており、韓国のリッジクライミングの代表的なルートとなっている。

仁寿リッジ・その1
仁寿峰と仁寿リッジ。中央の岩が耳岩、左が東面フェースで、右のリッジが仁寿リッジ。
 

2008/10/26 23:00|山行報告TB:0CM:0

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.