Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

2008年忘年会 

ちょっと早めではありますが、我がClimbing Club ZOOでは、この週末の2日間で恒例の忘年会を開催しました。



場所は湯河原幕岩。
都内近郊の者に加え、遠い者は茨城、山梨、さらには鳥取まで、各地に散らばるメンバーが三々五々、湯河原幕岩・正面壁の基部に集合しました。
2008年忘年会・その1

 

スポンサーサイト
2008/11/30 23:00|山行報告TB:0CM:0

【山行報告】表妙義縦走 

去年途中敗退した表妙義縦走に行ってきました。
4人で2組(妙義神社スタートと中ノ岳神社スタート)に分かれ、稜線でのクロス作戦。
中ノ岳神社組に自分の車で行ってもらい、下山後に回収したので楽チンでした。

7:00妙義神社-10:30相馬岳-12:00過ぎ鷹戻し-14:00中ノ岳-15:00第四石門
<大の字岩峰あたり>
DSC_0085.jpg
<相馬岳からみる中ノ岳・星穴岳方面>
DSC_0098.jpg
<浅間山>
DSC_0109.jpg
<第四石門>
DSC_0111.jpg

鷹戻しからロープを出す。鎖を使わずに登ってみたら、怖かった。
韓国で買ったアプローチシューズ(5.10)のおかげ。ステルスC4最高。
秋晴れの中、念願の表妙義を縦走できて満足。石門もすんばらしい。
来年は裏に挑戦したいです。

<おまけ>
DSC_0146.jpg
「荒船の湯」が開くまで時間潰しで荒船湖へ。道路脇でスラブの練習なんぞをしてみました。
じっと壁見てたら、通りすがりの釣りのおじさんに「何かあるのかぃ?!」と声かけられました。


※写真はすべて同行者から頂きました

【報告者:Yuki】

 
2008/11/22 23:00|山行報告TB:0CM:0

池田常道氏講演会 

東京都山岳連盟・海外委員会より、11月20日に開催される海外登山研究会のお知らせです。

第20回海外の山を知ろう!


元『岩と雪』編集長である池田氏のお話しを聞くことができる、貴重な講演会です。
興味のある方はぜひ参加してみてください。
会場は池袋勤労福祉会館(←詳細はこちらをクリック)です。
木元
 
2008/11/10 10:57|お知らせTB:0CM:0

日和田山の清掃集会 

日和田山の岩場を利用してきた岳人有志が集まった“日和田岳人”が主催する、
『日高市(ふるさとの森-日和田山)清掃・サンQ日和田』が行われました。
当クラブからも3名が参加したので、ご報告します。


午前9時、登山口に約70名のクライマーが集合。

日和田山の清掃集会・その1

三々五々日和田山のゴミを拾い、10時半に岩場前に再集合し、そのゴミを集積。
続けて山岳ガイド・広瀬憲文氏による女岩~男岩間のチロリアンブリッジのデモと、プロクライマー・平山ユージ氏によるヘルメットをかぶってのデモクライミングが行われました。
そして最後に全員で、ゴミを捨てない事、クライミング時には必ずヘルメットを着用する事を確認して終了となりました。
集まったゴミは約30kg、最終的な参加者は約90名でした。

日和田岳人のメンバー。

日和田山の清掃集会・その2

前列は日和田の管理人で、今回の主催者である吉田さん。
後列は右から山岳ガイド・本郷博毅さん、プロクライマー・平山ユージさん、山岳ガイド・広瀬憲文さん、無名山塾・岩崎元郎さん、そしてCimbing Club ZOO所属の山岳ガイド・安村淳です。
全員がヘルメットをかぶり、着用の必要性に対してのPRをしています。

< 日和田岳人より、日和田の岩場を利用するクライマーへのお願い >
            ● ゴミを捨てない事
            ● ヘルメットを着用する事



以上です。
我々も地元の皆さんと協力して山を守り、安全なクライミングを心がけましょう。
ゴリラ(安村淳)
 
2008/11/09 20:17|お知らせTB:0CM:0

仁寿峰・ツィントンヨップキルリッジ 

10月25日から11月3日の間に行った、韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きです。
7本目に登ったツィントンヨップキルリッジの報告です。
(報告に時間がかかってしまいましたが、これで最後です)



7.ツィントンヨップキルリッジ (10ピッチ、5.10b・A0)
概 要:北漢山の主峰・白雲台(837m)から西南に伸びている小さなリッジで、内容はフェースに近く、最高グレードは5.10b程度だが5.8~5.9の気の抜けないピッチが続く上級者向けの好ルート。
仁寿峰の東面フェースのルートに匹敵する内容で、とても面白い。
日 程:2008年11月2日
メンバー:安村J/安村M、韓国の友人4名
ツィントンヨップキルリッジ・その1
取り付きから見上げたツィントンヨップキルリッジ

 

2008/11/02 23:00|山行報告TB:0CM:0

仁寿峰・ヨンチョウボンリッジ 

10月25日から11月3日の間に行った、韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きです。
6本目に登ったヨンチョウボンリッジの報告です。



6.ヨンチョウボンリッジ (3ピッチ、5.6)
概 要:北漢山の主峰・白雲台(837m)から西に派生している大きなリッジで、マンギョンボンデーリッジと並ぶ入門者向けの人気ルート。
リッジクライミングと言うより、楽しいロックハイキングと言った感じ。
日 程:2008年11月1日
メンバー:安村J/安村M
ヨンチョウボンリッジ・その1
大東寺から見たヨンチョウボンリッジ

 

2008/11/01 23:30|山行報告TB:0CM:0

仁寿峰・スムンピックリッジ 

10月25日から11月3日の間に行った、韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きです。
5本目に登ったスムンピックリッジの報告です。



5.スムンピックリッジ (6ピッチ、5.7)
概 要:仁寿峰(810m)と白雲台(837m)の間の、小ピークに突き上げるリッジを登るルート。
下半分はハイキングルートとなっており、大勢のハイカーが歩いている。
中間部の60mの綺麗なスラブより上半分がリッジクライミングの対象となっている。
初級者向けの好ルート。
日 程:2008年11月1日
メンバー:安村J/安村M

スムンピックリッジ・その1
白雲台頂上から見たスムンピックリッジ

 

2008/11/01 23:00|山行報告TB:0CM:0

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。