Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

仁寿峰・コードックウィキルリッジ 

10月25日から11月3日の間に行った、韓国・仁寿峰(インスボン)クライミングの続きです。
3本目に登ったルートである、コードックウィキルリッジの報告です。



3.仁寿峰・コードックウィキルリッジ (8ピッチ、5.7)
概 要:仁寿峰には登山道はない。
      登りは全てクライミングで、下りは懸垂下降となる。
      このリッジは仁寿峰に登る最もやさしいルートの1本として、現地でも人気のルート。
      東面フェースと仁寿リッジ(北稜)の間に位置し、耳岩の北側から落ちている小さなリッジだ。
日 程:2008年10月28日
メンバー:安村J/川井
アプローチ:白雲山荘からシュイナードBの取り付きに行き、さらに20mほど直進すると、岩にぶつかる。この岩を5~6m登って取り付く。
コードックウィキルリッジ・その1
ここが取り付き。
 


1ピッチ目は3本並んだクラックのどれか、好きなところをを登る(5.6)。
コードックウィキルリッジ・その2

2ピッチ目は右のフェース(5.5)を直上した後に上の岩のトンネルをくぐるのだが、大きな石を乗り越すのが大変。
コードックウィキルリッジ・その3
岩のトンネルをくぐっているところ。

3ピッチ目はきれいななフレーク状のクラックで、快適に登れる(5.7)。
コードックウィキルリッジ・その4

4ピッチ目はやさしいフェース(5.4)、続く5ピッチ目もすっきりしたクラックで容易(5.5)。
コードックウィキルリッジ・その5

6ピッチ目、やさしいフェースを登る(5.4)。
7ピッチ目でチムニー(5.6)を登ると、耳岩と本峰のコルに出て、仁寿Aルートと合流。
コードックウィキルリッジ・その6

フェースを登り少し歩くとタヌキの腹(5.6)に出る。
タヌキの腹は最近は特に磨かれてきており、ぜんぜんフリクションが効かない。
登りやすくするためにチッピングされてはいるが、このルートではここが一番難しく感じる。
コードックウィキルリッジ・その7

タヌキの腹を越えると、すぐ頂上となる。
コードックウィキルリッジ・その8

下山:西面下降ルートを下る。

ゴリラ(安村淳)
2008/10/28 23:00|山行報告TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cczoo.blog19.fc2.com/tb.php/13-47b5138d

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。