Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

一ノ倉沢・2ルンゼ~Aルンゼ 

山 域:上越
ルート:谷川岳一ノ倉沢・2ルンゼ~Aルンゼ
日 程:2008年9月23日(火)
天 候:曇り時々晴れ
メンバー:斎藤、他1名



3時起床、4時に一ノ倉出合出発。
雪渓の消えたこの時期は、ヒョングリの滝を高巻き、懸垂下降をしてテールリッジ基部からの登攀となる。
谷川初見のIさんも、ヘッドランプでの行動でも問題なく登ってくる。
(ここでロープを出すようだとルートは変更かな?)
中央稜基部で日の出を迎え、烏帽子奥壁基部~南稜~本谷バンドとトラバースし、2ルンゼ取り付きに立つ(悪い)。
2ルンゼ~Aルンゼ・その1
2ルンゼの全容
 


2ルンゼは岩は脆く、ルートの崩壊が進んでいるようだ。
残置は古く、抜け落ちてしまった物も多く散見され、気の抜けない登攀が続く。
4ピッチで傾斜が落ちて一旦ロープをたたむが、その後も悪い小滝が連続したため、再びロープを結んでザッテル(国境稜線と大槍を結ぶ切りたった尾根のコル)まで進む。
ザッテルから望むAルンゼは、ドーム壁とマッターホルン状岩壁に挟まれたゴルジュの様相を呈し、急峻に立ち上がって悪そうな滝を数多く落とし、素晴らしい景観を見せていた。
2ルンゼ~Aルンゼ・その2
ザッテルから見上げたAルンゼ

懸垂下降でAルンゼに降り立ち、沢用シューズに履き替えて登っていく。
やはり滝は小粒ながら悪く、ガスも降りてきたので日和ってBルンゼに行こうかとも思ったが、Iさんの眼光は鋭く『逃げは許さない』と無言の圧力。
ヌメッた滝に手を焼きながらもマッターホルン状岩壁基部に辿り着く。
2ルンゼ~Aルンゼ・その3
マッターホルン状岩壁(右)とドーム壁基部(左)

蔽い被さるようなマッターホルン状岩壁と左壁のコンタクトラインにロープを伸ばし、オキの耳から派生する尾根に乗り上げて登攀終了。
2ルンゼ~Aルンゼ・その4

この2ルンゼ~Aルンゼは、谷川岳の諸ルートの中でもお勧めの一本です。
南稜や中央カンテよりは難しいです。

斎藤
2008/09/23 23:00|山行報告TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cczoo.blog19.fc2.com/tb.php/26-6c98be3f

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.