Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

穂高連峰・屏風岩・東稜 

山 域:北アルプス・穂高連峰・屏風岩
ルート:東稜
日 程:2009年9月20日(日)
メンバー:林、木元



久し振りに屏風岩を登ってきました。

屏風岩東稜・その1
岩小屋跡付近から見上げた屏風岩。
東稜は中央やや右寄りの、浅いリッジを登る。 


朝5時に横尾を出たが、T4尾根基部では既に順番待ちの列ができていた。
我々は3番手のスタートとなる。
取り付きから先行パーティを見上げる。
屏風岩東稜・その2

朝一で体が慣れていないせいか、T4尾根はいつも意外と悪く感じる。
2ピッチ(IV、V)+コンテ100m+1ピッチ(III)でT4へ。
屏風岩東稜・その3

横断バンドをT2までトラバースし、いよいよ東稜へ。
1ピッチ目は小ハングを越えていくが、早々に効きの甘いピトンが出てきて緊張する(A1、III+)。
屏風岩東稜・その4

2、3、4ピッチと特に苦もなく進むが、激しい順番待ちでなかなかペースははかどらない。
この写真は5ピッチ目の赤茶けた垂壁の部分で、この後のフリーに移る部分が少々嫌らしい(A1、IV)。
屏風岩東稜・その5

容易な6ピッチ目を経て、最終の7ピッチ目を登る(A1、IV)。
しかしこの時点で既に16時半。
4ピッチの懸垂下降で横断バンドに戻り、さらにT4尾根の懸垂下降に入る頃には暗闇が迫ってきた。
結局そのまま残業へと追い込まれてしまい、横尾に辿り着いたのは21時近くになってしまった。
屏風岩東稜・その6

ルート上での長い長い待ち時間には辟易したが、快晴の天候の下の屏風岩は最高に気持ちが良かった。
次はまだ登っていないディレッティシマか東壁ルンゼ、または右岩壁などにもチャレンジしてみたい。

木元
2009/09/20 23:00|山行報告TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cczoo.blog19.fc2.com/tb.php/34-aa549264

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。