Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

仁寿峰・マンギョンデーリッジ 

山 域:韓国・北漢山国立公園・仁寿峰
ルート:マンギョンデーリッジ
日 程:2010年5月19日(水)
メンバー:安村淳、宮重正道、他



韓国仁寿峰クライミングの続きです。

5月18日はバッチリ雨でした。本当によく降りました。
この、土砂降り状態の中でも、岩場ルートをハイキングしている方がいることに、またびっくりしました。
コリアンパワー全開ですね、キムチのパワーでしょうか…?

19日は夜中2時頃から雨が上がり、6時出発でマンギョンデーリッジ(6ピッチ、5.6)、入門向けリッジクライムへ向かいました。

マンギョンデーリッジの取り付き。
マンギョンデーリッジ・その1
 


1ピッチ目。
マンギョンデーリッジ・その2

3ピッチ目。
マンギョンデーリッジ・その3

4ピッチ目。
マンギョンデーリッジ・その4

地元クライマーはノーロープで行くそうですが、冗談でしょう。。。と正直に思いました。
濡れたスラブ、良く見てよく見てと、足ホールド探して登り、5ピッチ目辺りの下が無いクライムダウン(これが一番怖かった)、滑り台みたい、おまけに濡れています。

でも、人間何故こんな欲望を持つのか…?
面白い、楽しかった、不思議です。
山頂に着くと、また来て登って遊んで楽しみたいと、思っている自分がいます。
高さが違う為なのか、日本の岩山と違って、何だかとても明るい気持ち、そして良い充実感がありました。

JUNさん何から何まで、ありがとうございました。
面白かったです。

宮重正道
2010/05/19 23:00|山行報告TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cczoo.blog19.fc2.com/tb.php/40-88837c30

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。