Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

吾妻渓谷 不動滝アイスクライミングの報告 

山域;吾妻渓谷 不動滝
月日;2013年1月28日(月)
メンバー:安村J、打田(無所属)


以前小松君と行った時には水が流れていたが、
大久保君からの「来週辺りは登りごろ」という情報があり、
急遽打田さんを誘い、不動滝に行く事にした。
写真①不動滝全景
 


1/28、6時に飯能の打田さん宅に集合、
打田さんの車で吾妻渓谷に向かう。
八つ場ダムの工事の為に不動滝への道が変わり、
多少迷ったが無事駐車場に着く。
写真②不動滝駐車場

夕方6時に私、安村が歯医者の予約をしているので、
すぐに用意して滝に向かうが、アプローチも凍結状態は良い。
写真③不動滝へのアプローチ

F1は落ち口に水が流れているが、氷の状態は上々だ。
写真④不動滝F1全景

多分昨日は日曜日なので大勢の人が登ったのだろう。
氷が階段状に削られている。

取り付きで軽くウォームアップをして、
メインロープとバックロープを付けて登り始めたが、
氷は特に問題はなく、快適にビレー点に着いた。
写真⑤不動滝F1でウォーミングアップ

ロープを引き上げて打田さんに登ってもらうが、
多少苦戦したようだが、テンションはかからず登って来た。

ロープをまとめF2に向かうが、打田さんはパスと言うので、
バックロープを引いて登るはじめる。
写真⑥不動滝F2全景

F2はF1ほど大勢は登っていないと見えて、階段状にはなっていない。
写真⑦不動滝F2を登る

核心の5~10m位の垂直部は多少階段状だったが快適に越し、
木でビレーを取り、この木をアンカーにしてスクリューを回収しながら
懸垂で降りた。
写真⑧不動滝F2を懸垂下降で降りる

更にF1も懸垂で降りて終了したが、
12時を過ぎていたのでお腹が空き、すぐラーメンを食べた。
「腹が減った、ラーメンだ!」
写真⑨腹が減った、ラーメンだ

今年は氷の状態は良い様だが、
ここも滝がもう一つか二つあると面白い。
なお、歯医者には楽勝で間に合った。


記:安村淳、写真:打田えい一(えいは左が金で右が英)
2013/01/31 00:06|山行報告TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cczoo.blog19.fc2.com/tb.php/75-ab08023f

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。