Climbing Club Zoo(クライミングクラブズー)のブログです

Climbing Club Zoo

プロフィール 

Climbing Club ZOO

Author:Climbing Club ZOO
東京都山岳連盟加盟
Climbing Club ZOO
のブログへようこそ!

 

ブログ内検索 

 

カテゴリー 

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

お問い合わせ 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

2013年2月韓国遠征の報告 

1、月日;2013年2月13日~16日
2、場所、韓国・カレビの氷壁、ヨンドンの人工氷壁、北漢山九天瀑布
3、メンバー;安村J、他1名、ユンムーチン、キム
4、当初トワンソンポッポを登るつもりでいたが、今年は氷の状態が悪く、
登攀許可が1月31日で打ち切られたので、
やむなくソウル近郊でアイスを楽しむつもりで行った。

2/13;安村が先行してソウルに行き、
韓国の友人と打ち合せたが、頼みの九曲滝も氷っていないとの事で、
やむなくメインはヨンドンの人工氷壁に行く事にした。

2/14;仁川空港でメンバーをピックアップ、ソウルの宿に荷物を置き、
地下鉄・バス・タクシーを乗り継ぎカレビの氷壁へ。
現地に着いたのは夕方で、下りてくるクライマーと入れ違いに氷壁へ行く。
韓国①カレビの氷壁

 


氷壁は高さ20mほどで中央部と右側が登れるようなので、
まず中央部をメンバーがリード、
韓国②カレビの氷壁中央の氷

次に右側を安村がリードしたが、
二本目で真っ暗になり、ヘッドランプで下降をして終了した。
韓国③カレビの氷壁右側の氷

2/15;ソウル駅でユンさんキムさんと集合、列車でヨンドンへ向かう。
2時間半でヨンドン着、タクシー10分でヨンドンの人工氷壁に着く。
韓国④ヨンドンの氷壁全景

岩壁に川から揚水して散水し、4面の氷壁を作っており、高さは60mほどだ。
入場は無料だが、事務所で免責同意書にサインをする必要がある。
韓国⑤事務所で免責同意書にサイン

飛び石ぞいに対岸に渡り、一番難しそうな右側の氷壁を登る事にする。
階段でアンカーに向い、
韓国⑥階段を登りアンカーへ
アンカーにトップロープをセットして、
韓国⑦アンカーでトップロープをセット

安村/キム、メンバー/ユンの2チームで登る。
韓国⑧右から金さんとユンさん

ルートはバーチカルでいくつもの小ハングを越えるルートで、
トッロープとはいえ登り応えがある。
韓国⑨トップロープで登る

また、驚いた事に対岸には救急車が待機していたが、
事故が多いのかも知れない。
韓国⑩対岸に救急車が待機

クライミングの後はヨンドン駅近くで美味しい食事を楽しみ、
テジュンでKTXに乗り換え1時間半でソウル駅に戻った。
韓国⑪クライミング後は美味しい食事

2/16;夕方まで時間があるので、キムさんと北漢山九天瀑布に行く。
スユで集合してバスで登山口へ。約20分ほど歩くと氷った小さな滑滝があり、
日本の氷った小さな沢を登るようであった。
韓国⑫九天瀑布を登る

それでも天気は良く、軽いアイスハイキングを楽しんだ。
その後宿で荷物を引き取り空港に向かい、
夕方の飛行機で帰国をした。

目的のトワンソンポッポは登れなかったが、
それなりに韓国のアイスを楽しんだ3日間であった。
トワンソンは来年の宿題だな。

記/写真;安村J
2013/03/01 22:54|山行報告TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cczoo.blog19.fc2.com/tb.php/80-965c4b35

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

RSSフィード 

 

QRコード 

QR
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 Climbing Club Zoo All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.